忍者ブログ
Admin / Write / Res
絵を描いたり 動画にしたり  ※このブログは妄想と寝言で出来ています
[305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295
2011/01/05 (Wed) 23:32
Posted by cyan (しあん)
69334878.jpg時間の経過がもたらす変化

The change that progress of time brings!


















cyanPは扱っているネタが古すぎる


そういう風にネットに書いている人がいました

う~ん

古いねー

古いよ?

どのくらい古いかって

もし昔の私が、今の私の作っている動画を見たら
嫌悪感を持つだろうなと想像できるくらい古い。



・・・・・・ (´・ω・`)


むかしTVで、俳優の唐沢寿明さんが
アニメ『新造人間キャシャーン』について、とても熱く語っておられました。






当時の私はそれをすごく冷めた目で見ていた
いい大人が何を言っているのだろう?と、当然共感など出来る筈もなく
っていうか、キャシャーンって・・・ダサすぎるだろう、もっと最近のを見ろという感じです。

まさか後に
キャシャーンの主題歌を毎日聞いて
熱々な感じで動画を作るとは夢にも思っていませんでした。










変わるねー、色々と、感覚とか。


じゃあ、なんでもかんでも古いものが楽しめるかというと、そうでもなくて

『トップをねらえ!』
なんかに散りばめられている懐かしネタのうちのいくつかは

子供の頃はサッパリわからなくて
今でも全部がわかるわけではありません。







別に地獄のミサワみたいに
「俺様、変わったんだぜ!」アピールではありません。


私が古いネタを扱っているのが、きちんとした積み重ねから出たものではなく
明日は止めちゃう一過性の中二病的な何かかも知れないという事です

それに私は当時、そういう懐かしネタに逃げちゃう(と勘違いしていた)トップをねらえ!を
作った人達が嫌でした、もっとちゃんと作ってくれと思っていました。


たぶんあの頃の私が今の私の作っている動画を見たら
せっかくアニメーションを作れる環境を手にしているのにマジメにやれと
怒ると思います。
もっとカッコイイ(子供の基準的に)物を作れと言うでしょう。

今の私と当時の私、どっちの感覚が正解というワケではありませんが
あの当時の気持ちを少しでも覚えているうちに
その気持ちに沿える動画を作るのも大事な事ではないのかなと、ふと思いました。






まぁ、全部ウソなんですけどね ヽ(・д・)ノ




PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
◆ 無題
トップをねらえ と エースをねらえ をいまだに混同します
何か良い方法はありませんか?
yuki 2011/01/06(Thu)12:13:48 編集
Re:無題

同じ作品です。
cyan (しあん)  【2011/01/06 18:58】
◆ 無題
ちゃんPさんの動画楽しませてもらってます。
深く思う所がおありなんですね。どこでも言われることですが、「作りたい物を作る」です。
新作期待してます。


cyanonaに改名しましょうw。(本人ではありません)
ゆっくりちゃんP 2011/01/08(Sat)14:56:37 編集
Re:無題
ゆっくりちゃんPさん、こんにちは

まぁ、全部ウソなんですけどね ヽ(・д・)ノ

コメントつかないので自演してみましたヽ(・д・)ノ
cyan (しあん)  【2011/01/08 18:52】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
cyan (しあん)
性別:
非公開
自己紹介:
動画制作依頼お受けいたします。
スカイプID:cyan-cyanp
ツイッター:https://twitter.com/cyanP
メール:kurodanoshirodanoアットマークgmail.com
無断転載はご遠慮くださいm(_ _)m
投稿イラスト
最新コメント
[10/22 cyan]
[10/22 zendaman]
[10/21 NONAME]
[08/04 NONAME]
[07/16 cyan]
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
バーコード
アクセス解析
Copyright ©  黒だの白だの室 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]